ごあいさつ

東邦大学医療センター大森病院 病院長 瓜田 純久
東邦大学医療センター大森病院
病院長 瓜田 純久
 東邦大学は日本の玄関である羽田空港に最も近い大学病院として、空港を利用される皆様、そして空港で働く皆様の健康を守るため、2005年4月1日に国内線第2旅客ターミナルビル1階に「東邦大学羽田空港クリニック」を開設しました。さらに羽田空港国際線ターミナルのオープンに伴い、2010年10月21日国際線旅客ターミナル1階に「東邦大学羽田空港国際線クリニック」を新たに開設しました。2020年東京オリンピック・パラリンピックでは,多くの旅行者をお迎えすることになり、その役割はさらに大きくなります。東邦大学医療センター大森病院と密な連携をとり、思わぬ急病にも迅速に対応させていただきます。

 東邦大学医療センター大森病院は、都内で最も羽田空港に近い大学病院として、高い使命感をもって2つのクリニックを運営しております。予期せぬ災害や感染症への対応、さらに予防医学についてもご期待に応えられるように努力してまいります。旅客の方々にはもちろん、タ-ミナルビルで働く方にも、どうぞ気軽にご利用頂きたいと思います。